銀行系カードローンを選ぶ4つのポイント

皆さんは銀行系カードローンをよく利用されますか?
最近よくCMなどでも目にする銀行系カードローンですが、その内容やメリットについて、ここではお伝えしていきます。

銀行系カードローンとは?

ローンというと、お金を一括で借りて、その後長きにわたって返済していくイメージが一般的。
カードローンはまさにそのような仕組みで、銀行系カードローンとは、銀行もしくはその子会社やグループ会社が提供しているものを指します。
大手銀行が運営・提供しているサービスなので、安心して利用できるのが大きなポイントです。

銀行系カードローンのメリットとは?

銀行系カードローンを使う場合のメリットは以下の4つにまとめられます。

ポイント1:借入限度額が大きい

お金を借り入れる際の限度額は、総量規制という法律で「年収の3分の1まで」に定められています。しかし、銀行系カードローンはその総量規制の法律の適用外のため、大きな金額の借り入れも可能となるんです。

とはいえ、大きな金額であればそれだけ審査も厳しくなりますし、返済に関してはより計画的である必要があります。

ポイント2:低金利

銀行系カードローンは金利が低いのが大きな魅力。
そのため無理のない返済計画を立てることが可能です。
さらに、銀行系カードローンの多くは、借り入れを一本化するおまとめローン等を取り扱っています。このおまとめローンを利用することで、借入総額の金利を抑え、返済を楽に出来るメリットもあるんです。

ポイント3:安心

銀行は金融庁による認可登録を受けていますので、消費者金融と比べて社会的信用度が高い。そのため、よくテレビで見るような悪徳業者に当たってしまう危険性は全くありません。

ポイント4:将来的な信用度

車や住宅などのローンを利用する際の審査において、過去に金融機関の利用履歴が対象となることがあります。
審査において、銀行系カードローンを使っていて履歴があれば、印象が良くなる可能性が高いということなんです。というのも、その履歴を確認することで、「その人に返済能力がしっかりある」という裏付けになるからです。